MENU

高血圧の原因、9割解明されてない現実

高血圧が症状として現れる原因は未だハッキリとした解明がされていないのが現状です。しかし、その中でおよそ1割程度は原因が解かるとされていおり、二次高血圧といわれるものは、原因になる疾病から発症してしまう高血圧を意味します。ちなみに、二次高血圧では、手術を受けて完治するケースも多々あるのが特徴です。

 

高血圧症の90%は原因がハッキリしないというのが厄介なところです。現在では、高血圧がどういった流れで起こりうるのかは未特定。原因が掴めない高血圧、さらには二次高血圧とは異なる高血圧を総称して「本態性高血圧」と言います。

 

が、本態性高血圧は原因が完全に解らない、、、という話ではありません。親からの遺伝症状、生活習慣、食生活といった要素が関係しているのでは、と考えられるからです。

 

親が高血圧だった場合にその遺伝子を受け継ぐとどうなるのでしょう?両親ともに高血圧と無縁な場合は子供が高血圧を発症するケースは全体の5パーセントとのデータがあります。20人に1人という割合なのです。

 

しかし、両親のうちいずれか片方が高血圧だった場合は、30%の確率にアップします。さらに両親が2人ともに高血圧だった場合は60%にまで上昇します。高血圧は遺伝するという話ではなく、高血圧になりやすい身体になる、と考えられるのです。

 

高血圧な体質であると自覚しているのなら、生活習慣の改善を意識しておくことをオススメします。健康診断などで高血圧と判定されるとその後の体調管理はとても大きな問題になるので事前の効果的な対策を出来る範囲で考えてみましょう。

 

 

そうは言っても、高血圧のリスクを問題になる前に見つけるのはとても難易度が高いです。高血圧は自覚症状がないまま進行していく特徴があるせいで気付きにくいのです。

 

場合によっては高血圧との診断結果が出る前に、めまい、頭痛、動機、息切れ、といった症状に悩むケースがあります。が、それらの問題から高血圧との繋がりを判断出来る人は限られると思います。

 

めまい、頭痛は、高血圧以外の状況でも考えられます。たとえば、1日ずっと机に向かう仕事をされる場合や、ストレスが過剰にある人なら高血圧と気付きにくくいはずです。

 

動機、息切れに関しては加齢現象のひとつと納得してしまうかもしれません。また、貧血気味の人ならめまいについても高血圧のリスクを見落としがちになります。

 

このように、高血圧は自覚しにくいために、早期発見が難しいのです。その対策としては、血圧の値を注意してチェックしておくようにしましょう。健康診断では発覚がしずらいのでご自身が日頃から意識しておくことが大切です。

 

健康診断で気付きにくいのは、高血圧は1度計測した程度では判断が難しい特徴があるためです。複数回の検査をした上で高血圧かどうかの診断になるため、即座に問題として扱いにくいのです。

 

高血圧は場合によっては死亡原因となるほど大きな問題です。虚血性心筋症、動脈硬化、脳卒中といった生命を脅かす病気も高血圧が引き金になる場合があるのです。

 

健康的な生活をしていく上でも、高血圧について日頃の生活習慣とともに確認してみましょう。