MENU

血圧対策にピッタリの飲み物、自宅でつくろう

血圧を抑制するサプリメントは、最近の健康志向とともに大きな注目を集めていますが、その中にはドリンクタイプもあり、トクホ認定で市場に登場しているものもあります。

 

高血圧対策では、継続的な実践が求められます。サプリメントだけ摂取してるだけでは大きな効果は望めないでしょう。しかし、食事を見なおしたり、適切なエクササイズを続けることで高血圧の改善はより確かなものとなります。

 

健康的で効率的な生活に切り替えた場合、高血圧の人でも8週間から12週間ほどの期間で上は8~13mmHgほど、下は8mmHg程度下げられることは実証されています。

 

市場にあるサプリメントでも、体質と合えば大きな効果が期待できるかと思います。が、サプリメントに頼らずとも、家庭で高血圧対策となる代用品を作成することもできます。ということで、作成方法を紹介しておきます。参考にしてみてください。

 

 

●玉ねぎ茶
材料として、玉ねぎの皮(3個分)を用意します。1リットルの水を沸騰させ、玉ねぎの皮を入れます。およそ3分程度煮ることで「玉ねぎ茶」ができます。多少のクセがあるので、塩分を含まない酢などを混ぜてみると飲みやすくなります。

 

●ゴーヤ茶
ゴーヤを1本、縦にカットし、中身の種を取り出しましょう。そして、ほどよい厚みの輪切りにしたあと、1日使って天日干しします。乾燥したゴーヤは薄い茶色くらいになるまで燻したあと、沸騰したお湯の中に入れて、およそ5分間で完成します。

 

 

血圧を下げる機能を持った商品は、通常のお茶やジュースのような感覚で使用するにはコストが高くなりがちです。継続的に血圧対策をしていくためにも低コストで補える工夫をしておくことを考えてみましょう。