MENU

血圧下げるサプリ※売れ筋ランキング

高めの血圧を改善するためには、食生活を改めながら、適切なエクササイズをしていくことが欠かせません。しかし、それで解決するのかといえば難しい場合も。
高血圧を解消するためには有効成分をしっかりと摂取することが大切です。たとえば、タウリン、サポニン、DHA、EPA、、、といった栄養素を体内に継続して摂り入れる方法を考えておくと良いでしょう。
ただ、問題は毎日の食事でカバーしにくいという問題が考えられます。高血圧に有効な成分を継続的に摂り込むためにサプリメントに頼る方法はオススメです。
そんな高血圧に嬉しい効果が期待できるサプリメントについて、当サイトは特に人気が高いアイテムを紹介していくので、ぜひ参考にして頂きたいと思います。
気になる成分ですが、いずれも天然成分が豊富に含まれているため、気軽に使用できますし、医薬品のような化学物質のリスクもないため、副作用のリスクも抑えた上での摂取が可能となります。

 

血圧下げるサプリ 売れ筋ランキング

・肝パワーEプラス
肝機能の低下が気になる人や、血圧の数値を改善したい人に試して頂きたいのが肝パワーEプラスです。原料に広島産の牡蠣、紀州産南高梅、長野産にんにく、と、血圧が気になる人にうれしい成分がしっかり摂取できる充実の内容に仕上がっています。累計3,000,000袋を超えるセールスを記録している上、顧客満足度は高水準の95パーセントと実績もあるアイテム。現在、公式サイトを利用しての注文なら全額返金保証がセットになっているので安心してご利用いただけます。

 

 

・白井田七
白井田七では、健康面に大きな作用を与えるサポニンが豊富に含まれたサプリメントとして人気を集めています。血圧だけでなく、血糖値が高めの方や、健康診断の結果が気になっている方、品質の高いサプリの使用を検討している方にお試し頂きたいアイテムです。体内の有害となる活性酸素を除去する機能がサポニンの特徴。田七人参の栄養素をしっかり摂取できる白井田七は、公式サイトでのお試しセットが手軽に始めるにはピッタリです。

 

 

・小林制約ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット
製品名にもある通り、納豆から抽出される健康成分、ナットウキナーゼや青魚に含まれるDHA、EPAを効率的に摂取したい人のためのサプリメントです。高血圧の原因は中性脂肪ですが、ナットウキナーゼには中性脂肪値を健全な値に戻す効果が期待できます。食生活の乱れの結果、ドロドロ血液になった状態からサラサラ血液に戻す効果を小林制約ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットがサポートします。現在、公式サイトからの注文をすることで送料無料の特典付きです。

 

 

・黒ゴマの恵み
黒ゴマは国内での消費の99パーセントが輸入物です。つまり、国産の割合は全体の1%程度。黒ゴマの恵みはそんな希少な1%の国内生産される原料を利用しています。黒ゴマに含まれるゴマリグナンは、疲労回復効果が高いことで知られており、スタミナ不足が気になる方やダイエットのサポートとして、加齢による白髪対策としてもとてもオススメのアイテムです。

 

 

・神の草 ヒュウガトウキ
セリ科植物のヒュウガトウキを原料にしたお茶のサプリメント。ヒュウガトウキには多くの栄養素が凝縮されているため、美容・ダイエット目的にした用途でも大活躍します。また、ドロドロ血液をサラサラにする機能を持つ酵素が豊富なため、全身のケアとしても嬉しい効果が期待できます。アンチエイジングの目的としてもオススメなヒュウガトウキを使用したサプリに関心がある方はチェックしてみると良いと思います。

 

高血圧について

年齢を重ねると高血圧が気になりがちです。
ちなみに、現在国内の3,000万人以上が高血圧と考えられており、他人事と思えない状況になりつつあります。

 

高血圧は血圧が高い、と理解していてもあまりピンとこない人が多いでしょう。血管内部の血液がどのくらいの圧力で流れているのかを計ったものが血圧です。数値が高いということは、血液の流れに負荷が掛かっていると判断できます。

 

血管内部に老廃物が蓄積されたり、ドロドロ血液により血栓ができている状態では心臓に大きな負荷が掛かることになります。毎分60~70回ほど心臓は収縮をします。血液を送り出す瞬間が血圧が高くなるのですが、不健康な生活リズム、食生活が習慣化することでその心臓への負荷がより大きなものと変化していくのです。

 

血圧の値は心臓が血液を全身に送り出すために掛かる力、血管内の血液が流れる度合いにより変化します。血圧は均一な値にはなりにくいのが特徴で、繰り返しの測定により最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の場合に高血圧と判断します。

 

日頃の血液の健康を考えること、心臓への負担をなくすこと、などを意識して健康的な生活を送って行きましょう。

 

 

 

血圧を下げる方法について

血圧を下げるには、生活習慣、栄養バランスを見直さなければいけません。生活習慣病のひとつにあたる高血圧は多くの場合、健康的な生活に変えていくことで気になる数値も改善していきます。

 

血圧を下げるには食事療法、運動療法とありますが、まずは運動について説明していきます。

 

 

血圧を下げる運動療法について

 

高血圧な体質であっても頻繁に運動をしている人なら死亡リスクは大幅に落せるというデータが存在します。血圧が一向に下がる気配がなく、改善したのに数値に反映されていない場合であっても、運動を習慣化させることで生命リスクを大きく抑えることが可能となります。

 

高血圧の問題を改善させたいのなら、運動をしっかり行う習慣に切り替えてみることをオススメします。コツとしては心臓をきちんと使えるタイプのエクササイズを意識してみてください。

 

高血圧は血管内部の詰まりに大いに関係します。運動を行うことで血流が健全化します。しかし、高血圧な人が運動を行う場合は、一時的に血圧がアップするため、無酸素系の運動では身体への負担が大きくなるので注意が必要なことを憶えておきましょう。

 

無酸素運動とは懸垂、バーベルを使ったエクササイズ、腕立て伏せといった種類の動きを指します。

 

血圧が高い方が行うべき運動は「有酸素運動」です。種類としては、サイクリング、ウォーキング、スイミングといった種類の運動が最適ですね。高血圧な人の運動療法ではまいにち30分ほどのエクササイズが効果があると考えられています。

 

しかし、療法であるため、詳細は現在の身体状態とあわせて医師のアドバイスを訊いておくことを忘れずに行って下さい。

 

 

血圧を下げる薬について

 

食事療法・運動療法は高血圧の対策には欠かすことができません。しかし、努力をしても成果に結びつかない状態になる場合も考えられます。そういった場合には「薬物療法」を用いることになります。

 

高血圧の治療を行う際に使用する薬品にはメリット・デメリットがあります。それらのバランスを考えた上で医師は適切に判断をすることとなります。

 

たとえば利尿薬を利用した場合、高血圧の素となる成分を尿とともに体外排出させ血圧を落とすことができます。対象者は高齢者、肥満体型の人、うっ血性心不全、慢性腎不全を患っている場合です。糖尿病を患っている人は利尿薬を使用することは難しいとおぼえておいてください。

 

β遮断薬では、心拍数、心臓のそれぞれから押し出される血液を少なめにし、血圧低下を狙うことができます。対象者は年齢が若い方、心拍数が高めの方、狭心症、偏頭痛を持っている人です。糖尿病の場合はβ遮断薬は使用ができません。

 

カルシウム拮抗薬では、体内カルシウムの濃度を落とし、血管拡張により血圧を押し下げます。高血圧症対策で使用される薬剤の中ではカルシウム拮抗薬がもっとも活躍します。

 

カルシウム拮抗薬を使用する上では、グレープフルーツを食べないことを求められます。血圧低下がより大きくなることで体調にトラブルを招くおそれがあるためです。

 

上記の例以外にも高血圧に対する薬品の対象者と、対象外になる人の情報は多くあります。薬品は医療機関で医師のアドバイスにより判断されるため、解らない点があるのなら医師への相談を欠かさないようにしましょう。

 

血圧の正常値は医療機関と自宅では異なります

血圧を下げる時に、目標とすべき血圧の数値は、その人の年齢や健康状態、合併症の度合いにより異なります。医療機関などでの計測をする場合は、自宅での血圧測定とは値も変化します。

 

年齢が若い人から中年世代の血圧目標値は、医療機関での検査なら130/85mmHg未満、自宅計測器なら125/80mmHg未満が目標値となるでしょう。

 

高齢層なら血圧は多少上がり、医療機関での検査なら140/90mmHg未満、自宅計測器なら135/85mmHg未満が目標といった感じになります。

 

血圧の目標値に関しては、糖尿病、心筋梗塞、慢性肝臓病といった病気をお持ちの場合なら上記の値よりも低い数値を目標にしていくことになります。

 

医療機関と自宅での測定値に差があるのはどういうことか気になりますよね。
それは、ヒトの特徴と関係があり、身体を動かすことで心拍数が変化するため、その差を鑑みた値として設定されているのです。

 

たとえば1000歩程度歩いた場合、1から2ほど血圧の値が変化してしまうのです。
また、ストレスを感じる時や、緊張感がある時などは心拍数がアップします。人体の特徴上、心拍数が一定になることはありえません。

 

ちょっとした運動や、心理状態で変化があるのが心拍数。負荷が掛かった心臓からの血液量により、血圧の値も大きく変化していきます。

 

医療機関よりも自宅測定値が低く設定されているのは、自宅の場合は比較的リラックスしているため、血圧が低い状態となるからです。

 

また、時間帯でも血圧の値は変化するため、正確なチェックをするためには、同一の条件に沿った形で検査をしておくことが大切になります。目覚めてすぐの検査であれば、朝の支度を整えて、トイレも終えて、しばらくリラックスした状態の後、計測する形をとります。

 

夜も同様にトイレを終え、しばしリラックスした後に計測する流れになります。

 

 

 

◯食後は血圧がアップ
血圧は1日ずっと同じ値にはなりにくいものです。身体、精神の変化で血圧は変化していくものです。目覚めて、起床していくと徐々に高くなります。そして昼間が血圧が高くなるピークで、夜に向かいながら低くなっていくのです。

 

血圧の変化は感情の変化や、食事や運動といった要素で変化が生じます。その中でも、食前・食後が大きな差が出るタイミング。

 

食事してまもなく血圧・心拍数ともにアップしていきます。食事をしていると交感神経が刺激されるため、血流が活性化していくのです。そして、食後は活動が収まり、全身の血流が腸内に集中するため、血圧は下がっていきます。

 

このときの変化を見て、数値の幅が大きすぎる場合は健康状態に注意をしておくことを心がけてください。通常は食後の血圧低下はさほどありません。健康な人なら食後にちょっとだけ眠くなる状態にはなりますが、血圧・心拍数に問題がある人の場合はたちくらみ、大きな疲労感といった危険なサインが現れます。

 

高齢者、高血圧の人には多いのですが、食後の低血圧な状態は注意が必要でうs.
放置していることでその後の脳卒中、心臓病に発展するリスクが高まります。

 

予防策としては食後にお茶、コーヒーなどを利用して、急激な血圧低下を緩和しておくことがオススメです。食後のお茶、コーヒーはリラックス効果もありますし、時間に余裕をもたせた食事を心がけてみましょう。

 

 

 

更新履歴